セックスで感染する病気

セックスで感染する病気を紹介するサイトです。 - 若者の性病が急増

新着情報

◆2015/10/02
若者の性病が急増の情報を更新しました。
◆2015/08/25
サイトマップの情報を更新しました。
◆2014/05/15
運営者情報の情報を更新しました。
◆2013/04/04
カンジダに悩む女性へを新規投稿しました。
◆2013/04/04
内緒で性病治療を新規投稿しました。

若者の性病が急増

最近では若者層の性病・性感染症が急速に増えています。

特に大都市を中心に性病・性感染症は増加し、10代後半から20代前半の間で増加しています。

性病・性感染症の起因微生物も多様化し、クラミジア、淋病、ヘルペスウイルス、パピローマウイルスなどが主流です。

これらの多くは無症候性、あるいは比較的症状が軽微であるため適切な治療が行われないまま、周囲に感染が広がる危険性があります。

一方、性交以外の性行為による感染も増加し、これが性器外感染の増加につながっていると考えられます。また性病・性感染症の重複感染もしばしばみられます。

若者の性行動の特徴としては、初交年齢の早期化、セックスパートナー数の増加、性行為のタイプの多様化、オーラルセックスなどがあげられます。

また若年者におけるコンドームの使用状況調査によると、不特定の相手との場合、また性的パートナー数の多い場合ほどコンドームの使用率は低くなるという結果が得られ、性病・性感染症に対する予防意識が低いことがわかります。

これらは無防備の性行為ネットワークを生じ、性病・性感染症拡散の温床になることがおそれられています。女性向け性病 薬や避妊用コンドームもありますので、いつでも携帯しておけば性病・性感染症の予防には最適です。

現在も増え続けている若者の性病患者

若い人々は性的にも元気な分、セフレや風俗などで不特定多数の相手を持ちやすい傾向にあります。また、オーラルセックスなど行為の種類も多様化しているため、近年性病にかかる若者の数が増えてきているのが問題視されています。

間違った行為がそもそもの原因

セックス自体が悪いのではなく、その仕方に原因があるケースがほとんどです。まだ知識の浅い段階で踏み切ってしまうと、時には無理もしてしまいます。コンドームをつけなかったり、数多くのセフレを抱え込んだり…。そもそも性病に対する予防意識が少ないのが若い人の特徴なのです。

アダルトビデオによる間違った認識

アダルトビデオで行っているのは、実はどれも無茶ではげしいことばかりで、一般的なこととは到底言えません。しかし、若者は影響されやすいもの。AVのせいで本当に正しい性行為と何なのかが見えなくなってしまいます。真似するともちろん感染のリスクは高まります。

大人であれば良識をもって取り組めることも、若年層では難しいことの場合もあります。まずは十分な知識を得てからでも遅くはありません。先に知るべきはコンドームの使用法など、正しい知識とその意義と言えるでしょう。そのためにも、人生経験豊富な年長者の方たちの熱心な教育姿勢も必要になってきます。

Copyright(C)2013 www.nemcicky.com All Rights Reserved.